オーガニックの認証機関とは?

LinkedIn にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
Pocket

認証機関の認証マーク

認証機関の認証マーク

化学肥料や農薬、除草剤などを一切使用せずに生育したブドウの実で造られるビオワイン。

その証明としてワインなどに表示されるのが、オーガニック認証機関が厳密な基準をクリアした畑と生産者、醸造者、そして生み出されたワインに与える認証マークです。

オーガニック認証機関は、認証を得たいワイナリーや工場からの申請を受け検査員を派遣、

機関が設定した基準を満たしているかどうか審査をして認定を行います。

つまり認定されたものだけが表示を許可されるのです。

こうした認証機関は基本的に販売・営利に関係しない第三者の独立した機関が行うのが、その厳密性から相応しいとされています。

 

【オーガニック認証機関一覧】

  1. ECOCERT(エコセール)
  2. AB(Agriculture Biologique)
  3. Demeter(デメテール)
  4. EU・欧州委員会 

 

LinkedIn にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください