無濾過

自然派オーガニック・ワインから見たワインの造り方|清澄・濾過

樽醸造
 
醸造過程で、ワインのタンクや樽の中に、タンパク質や粘土(ペントナイト)を加え、
その作用によってワインを清澄化したりします。
 
この作業で使われる代表的なのが「卵白」です。
 
第一級のシャトーでは生の卵白を2~6個(1樽あたり)使うと言われています。
その後に行う濾過作業でも清澄されます。
 
なお、自然派オーガニックビオワインにおいては、こうした添加物を加えません。
また、濾過についても、無濾過であることがほとんどです。