ブドウの収穫

自然派オーガニック・ワインから見たワインの造り方|収穫

収穫

大きく異なるブドウの収穫の方法・手摘み

毎年秋になるとブドウ畑は一番の賑わいをみせます。

そう、収穫です。

ブドウ畑での収穫はその手法が2つの分かれます。

一つは手摘みです。これは、繊細なブドウの実を傷つけないように、

またすでに腐っていたり、傷んだりしているブドウを取り除きながら収穫する手間と時間と人手のかかる方法です。

 

 

 

 

ブドウ収穫

大きく異なるブドウの収穫の方法・機械摘み

もう一つが機械摘みです。マシンがブドウの樹を跨ぐように進んでいき、自動的にブドウの粒だけを揺すり落としていきます。

粒と葉はすぐさま吸い上げられ、その際、ブドウの粒と葉は分別されます。

こちらはとにかくスピーディに行えます。

機械摘みただし、ブドウの実を傷つける可能性があります。

最近では技術の進歩で、傷つけにくくなっているようですし、状態が悪いブドウも一緒に収穫されてしまうのでは?とのイメージがありますが、収穫までにきめ細やかな果実の管理がされている場合は、

その可能性は最小限に抑えられ、かつ収穫後に細やかに選別する場合もあるようです。

 

 

ブドウの実一粒一粒への心配りから始まる

いずれも収穫までのひと房ひと房への管理が必要なです。また、最近のマシンは余計な葉や茎が混ざらないように改良されています。

しかしながら、オーガニックワインを造る生産者の多くが、手摘みによる収穫を行っていると言われています。